紹介予定派遣で失敗しない転職を

紹介予定派遣とは
派遣先に直接雇用されることを前提に一定期間派遣スタッフとして就業してから決められた期間が終了後、派遣された企業、会社と本人が合意した場合、社員として採用を目的とした派遣紹介のスタイルです。
薬剤師の紹介予定派遣の場合ですと、調剤薬局、ドラッグストアや病院、医療機関などに派遣会社から一定期間派遣として就業後、双方の合意の下で、本採用、正社員として働く事も目的にしています。
派遣される期間は、最大で6ヶ月、平均3ヶ月程度に設定されています。

 

紹介予定派遣のメリットとしては、いきなり採用されるよりも、一度派遣スタッフとして働いてから自分の目で職場環境や仕事内容などを見てから決める事が出来るので、採用されてから、こんなはずではなかったなど、思っていた職場や仕事内容ではないなど後悔する事も少なくて済みますね!
薬剤師や看護師の様な女性の多い職場では人間関係なども本採用の前に見る事が出来るなどメリットは多くあります。

 

逆に紹介予定派遣のデメリットとしては、派遣期間が思っているよりも長く感じられる事も少なくなく、派遣期間は、給料面で、不満な面もあります。また紹介予定派遣での紹介の場合、自分が家ではなく、採用する会社や企業もあなたの評価をしているので、期間内は以外にプレッシャーもあります。

 

派遣薬剤師の中でも紹介予定派遣は、本採用までの研修期間と言う位置づけですので、派遣会社から紹介されますが、正社員になる事が目的です。理想の職場探し、求人探しには、紹介予定派遣の紹介は、失敗も少なく薬剤師の転職方法としても魅力は有ると思います。

 

紹介予定派遣なら薬剤師派遣で働くkとが出来ない病院勤務も可能

派遣紹介の薬剤師では医療機関、病院勤務の求人紹介は基本、禁止されています。
病院勤務の薬剤師派遣で働ける条件としては、病院勤務の薬剤師さんが産休や育休、親族の介護などで長期で休暇する際の代替えとしての派遣薬剤師か、紹介予定派遣としての紹介になります。

 

代替えの病院での薬剤師派遣の場合は、就業期間が決めれていることがほとんどで、3カ月から1年程度のなると言えます。

 

紹介予定派遣の場合は、一定期間、最長で6カ月という期間を派遣薬剤師として就業した後に、就業先と本人の合意があれば、そのまま就職、雇用という形になります。
紹介予定派遣の場合、就業してから仕事内容や職場の雰囲気や就業先の了解を得てから本雇用という形になるので、薬剤師の転職方法としては失敗しにくいと言えます。
特に医療関係や病院などへの転職をお考えの薬剤師さんには、紹介予定派遣で探すという方法も良いと思います。

 

紹介予定派遣紹介が可能な薬剤師求人サイト