扶養内で働ける薬剤師派遣とは

薬剤師の場合、時給や報酬が高いので扶養内で働くことは難しく、扶養内で働くことを希望する方はそれほど多くないと言えます。

 

しかし、月に数日や1日数時間の隙間時間に働けて扶養内で納めることが出来るなら働いても良いと思わている薬剤師さんも結構いると聞いたので、扶養内で働くことが出来る薬剤師派遣を紹介したいと思います。

 

派遣での薬剤師は、高時給の求人紹介が多く、時給3000円前後の求人が多いので毎日数時間でも扶養内での就業は難しくなります。

 

ここで少し扶養内の詳細を書いておきます。ご存知の方も多いと思いますが、

 

103万円の壁

 

130万円の壁

 

と呼ばれているものがあります。

 

103万円の壁とは、パートやアルバイトをしている方で夫などに扶養されている方が、年収103万円を超えると夫、親族の扶養から抜けることになります。
年収103万円を超える場合、給料に所得税がかかります。
それとともに夫、親族の扶養家族でなくなるので、夫、親族の扶養排除が受けられなくなるために、税金が高くあんります。
給料に対しての所得税はそれほど大した金額ではありませんが、夫、親族などからの扶養排除は金額的にも大きくなるために、パートやアルバイトで得た報酬、103万円を超えた給料よりも多くなり、結局損をしてしまうということになる為に103万円の壁を気にしながら働く方が多くなります。

 

130万円の壁は、103万円で扶養から抜け、所得税の支払いが生じた後に、健康保険から扶養が外れ健康保険料の支払いが生じます。
健康保険料の支払いは金額が大きくなるので130万円の壁は意識する方も多いと言えます。

 

このように、103万円の壁、130万円の壁は、その給料付近での報酬の方は、無理に働いてオーバーすることで損をしてしますこともあるので、扶養内で働くことを意識した方が多いと言えます。
一般職のパートやアルバイトの場合、就業先も103万円の壁、130万円の壁は意識しているのでシフトなどで調整してくれることが多いと言えますが、薬剤師の場合、時給や報酬が多いので扶養内で働く方は少ないと言えます。
ですので薬剤師の職場では、扶養内という意識は少ないと言えます。

 

しかし、薬剤師でも扶養内で働きたい方も最近は増加していると言われます。しかし、普通に薬剤師でアルバイトやパートで働いた場合、扶養内で納めることは穂難しいと言えます。

 

そこで、扶養内で働きたい薬剤師さんのために、薬剤師派遣という働き方を紹介しています。

 

薬剤師派遣ならアルバイトやパートのように毎日の出勤や数に何日以上の出勤などの条件などがない求人や短期や単発の薬剤師求人などの紹介が出来るので、扶養内でも働けると言えます。
薬剤師派遣会社の中には、扶養内で働きたい方にはそれに見合う求人紹介をしてくれるところもあります。

 

また、自分で単発などの仕事を数日するだけでも扶養内で納める働き方も可能だと言えます。結婚、出産後に仕事を続けることで結婚生活や子育てが一段落した際に、すぐにフルタイムやまとまった時間の就業にも対応できるのではないでしょうか?

 

まったく仕事から離れた薬剤師さんの復職率が低いことを考えれば、結婚後に少ない時間、扶養内で働くことで次にステップに移りやすいと言えます。

 

扶養内で薬剤師の働き方の1つとして薬剤師派遣も検討してみてはいかがでしょうか?

 

扶養内で働ける薬剤師派遣紹介可能な派遣紹介